打ち上がる

pixlr.jpg
猛暑日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ご無沙汰しております。役者・広報担当の齋藤香織です。

秀作流“刀扇組”の旗揚げ公演となった本公演、たくさんのご来場有り難うございました!
応援して下さった皆様、劇場様、スタッフ様、他団体様、演出と脚本並びにキャスト一同にも感謝致します。

無事公演を終えまして、先日精算会と打ち上げを行いました。
どんどん話がヒートアップしていき、やはり話題は公演の話に。
演出の野見山さんや脚本の村田さんの想い、役者それぞれの反省点や熱い想いが溢れてきました。
それぞれの目標やビジョンには至らなかった部分もありましたが、全員が今出来るベストを尽くしました。
個々がスキルを磨き日々精進して、また成長した姿で皆様にお会い出来たら嬉しく思います。

今作品で皆様に、秀作流“刀扇組”らしさや存在を認知して頂けていたら幸いです。
今後も散りゆく美しさ、演劇的リアリズム、秀作流“刀扇組”らしさを追求して、皆様にお届けしていけたらと思っております。

次回公演が決まりましたら、こちらのブログや秀作流“刀扇組”のTwitterにてお知らせ致します!
今後は普段のレッスン風景もお届けする予定ですので、引き続きご覧頂けますと嬉しいです。

今後とも、秀作流“刀扇組”を宜しくお願い致します!

光と影。

28日、秀作流“刀扇組”旗揚げ公演「 ほろびゆく美しきもの 」は、
公演全日程を終了いたしました。

そして翌29日、
萬劇場ショートストーリーコレクションVol.7 夏の短編集「 Face to Face 」
グランドフィナーレを迎え、無事終幕することができました。

ご来場いただいたすべてのみなさま、誠にありがとうございました。


秀作流“刀扇組” 安定の昼行燈、運営・村田でございます。

台風の影響を受け、上演が危ぶまれた回もありましたが、全ステージを最後まで公演できて、本当によかったと思います。。

29日の千秋楽がはねた後、全団体参加でばらし、打ち上げを行いました。
打ち上げでは、お世話になったスタッフさま方や他団体の方々とおおいに語り合い、盛り上がり。
数日前に劇場に入ってから、参加者全員怒涛の日々でしたが、共に同じ板の上で演じ、同じ板を囲みそれぞれの世界を支えたみなさまと、ひととき、楽しい時間を過ごさせていただきました。

この舞台でみなさまとご一緒させていただき、大変光栄でした。
みなさまの笑顔と支えあってこそ、刀扇組は、この公演を実現できたと思います。
本当にありがとうございました。


振り返れば、様々な思いが頭を過ぎります。
刀扇組を立ち上げ、萬さまの短編集に参加させていただくことになり、稽古に励み、本番に挑み、ここまで。
私たちがお贈りした光と影の物語が、少しでも
みなさまのおこころに何かをお伝えできていれば幸いに思います。

刀扇組の楽日のあと、夜遅く劇場から帰ろうとした時。
ふと見上げると、台風の余波で絶え間なく流れ過ぎる雲の向こうに、
丸く満ちた光がぼんやりと浮んでいました。
それは正に、影の中に潜む月。
人の世は、まこと、摩訶不思議。


最後に。
これまでと変わらず、こよなく私たちを導いてくださったお師匠と
ここに集い、共に戦ってくれた相弟子である愛しきキャストのみなさま
みなさまとこの舞台に携わることができて、私は幸せでした。
こころから。ありがとうございました。


初日がスタート

1532594581653.jpg
萬にて本番が始まります。

やぁ、ビットだよ。
既にびっしょりさ!
19:30には開演する実感が沸きませんね。

殺陣のある芝居なんで、怪我だけはしないように気合入れて頑張っていきたいもんです。俺、この舞台が終わったら何か始めようと思うんだ、、、

俺達の戦いはこれからだ!!

がんばろ〜

すみません。

すみません、本当は昨日ブログ担当だった金指です。

見事に…忘れてました。


そして、本日本番ですよー。

1日目です。

知り合いの女の子から朝イチで「今日まだ空いてる?」ときて、「やった!今日いいことありそう!」と思いながら、今楽屋で支度をしてる合間に書いてます。

残り数時間で開演ですよ。
まだチケット取れますので良かったら是非!会場でお待ちしております。

ブログ25日担当(笑)金指でした。

くれぐれもご用心を…

はいどうも、3度目の小野裕介です。

今日は一週間ぶりに劇場に入り音や照明を付けたリハーサル稽古、だったのですが…、


それよりもとにかく暑い!Σ(×_×;)!


昨日東京都内で史上初となる40℃超えを記録したほどですが、それに負けず劣らず暑い!!
目的地に辿り着くのでさえ一苦労なほど…。

駅からたかだか10分程度、と侮るなかれ!
油断してると行き先が劇場のイスから病院のベッドに変わってしまいますよ(いやホントに)?

天気予報で週末は気温が下がると言われてますが、用心するに越したことはありません。
くれぐれも無理をせずご来場頂きますようお願いいたします。

でわ、今回はこの辺で。

小屋入り

どうも、松田慎也です。

早いものでとうとう劇場入りし、昨日は仕込み日でした!今日のブログ担当だよ☆、と言われたのにすっかり忘れてて、この時間に書いております(^_^;)

全団体から何人かずつ手伝いに来ると言っても、9団体プラス劇場さんや普段から来て頂いている人もいるらしく、いつも他の舞台に出た時とは比べられないくらい人がいて、朝10時から17時にはほぼ仕込みが終わるっていう、、
劇場全体が夏祭り的な雰囲気になっております。スゴい(・∀・)

是非劇場に来てくださいね☆

衣装パレード!

BeautyPlus_20180722230947_sa.jpg
お疲れ様です!
本日の稽古場日誌、担当は日向なつきです\(^o^)/

本日はメイク込みの衣装パレードでした!
ということで、衣装を公開致します!
「ほろびゆく美しきもの」こんな感じです(*^^*)

今回、秀作流“刀扇組”は旗揚げということで衣装はまったくのゼロからのスタート。
裁縫が得意!という人も少なく、最初はどうなることかと思いましたが、なんとか本番前に揃えられました!

作ったり、お借りしたり、加工したり、買ったりと大変でした(>_<)浅草と日暮里には何度通ったことか(笑)



さて!ついに明日は小屋入りです!

是非観に来て下さいね&#127925;



日向なつき

本番一週間前

1531796824206.jpg
体温並の暑さが続いておりますが、皆様お元気でしょうか?
アイスが美味しい季節ですね〜
先日の稽古場までの道のりで、初めてガツンとみかんというアイスを食べて、その美味しさに感動した齋藤香織です。

お写真は、先日劇場にて通し見せをした際、撮影して頂いたものです。
萬劇場さんが立派な横断幕を作って下さいました。
有り難うございます!

本日は昨日修正した魅せ方を意識しつつ二回通しました。
役者としての技術的なこと、立ち位置や魅せ方。
色々と意識することはあるけれど、個人的には心からの言葉や行動になっているのかを常に意識しています。
違和感がある時は、そこまでのプロセスや相手との対話、自分が何を伝えたいのかが疎かになっていないかを考えます。
アプローチの仕方は人それぞれですが、それが重なった時の芝居は格別。
前をなぞるのではなく、その場その場で生きる。
現状に甘んじることなく、皆様に最高の作品をお届け出来るように、皆で日々上を目指しています。

殺陣は勿論ですが、内側から湧き出る情熱的な芝居も刮目して頂けると嬉しいです!
間近になるとチケット確保が難しくなる可能性がございますので、お早めのご予約がオススメです。
どしどしお待ちしております!

◯秀作流“刀扇組”専用ご予約フォーム◯
https://ticket.corich.jp/apply/91729/106/

こちらは秀作流“刀扇組”専用のご予約フォームとなっております。

1:ご希望の公演日時を選択
2:チケット種類を選択(※当日精算[自由]のみ)
3:枚数を選択
4:名前、フリガナを入力

予約内容を確認するを押し、内容に間違いないか確認後、予約を押すと完了です。
特定の役者扱いご希望の場合は、備考欄に○○(役者名)扱いと入力をお願い致します。

※他参加団体さん等については、以下の萬劇場特設サイトをご参照下さい。

http://yorozu-s.sub.jp/ssc/ssc7/

●●

萬劇場ショートストーリーコレクションVol.7
夏の短編集2018「Face to Face」参加

『ほろびゆく美しきもの』
演出・殺陣振付:野見山秀作
脚本・演出助手・運営:村田真紀(Fallen Angels)

◯日程◯
2018年7月26日〜29日
7月26日(木)19:30
27日(金)14:00
28日(土)16:00
※秀作流“刀扇組”出演回のみ記載
※1ステージ、3団体による30分×3本立ての公演となります。

◯チケット◯
前売り¥3,000
当日¥3,500

◯会場◯
萬劇場
(豊島区北大塚2−32−22)
JR山手線 大塚駅北口下車・徒歩4分
都電荒川線 巣鴨新田駅下車・徒歩3分

◯キャスト◯
松田慎也
日向なつき
齋藤香織
伊東一人(C&Oプロダクション)
小野裕介(C&Oプロダクション)
金指香里
チャパ・R・田中

◯スタッフ◯
舞台監督・舞台美術:田中新一
照明:萬劇場スタッフ
音響:島村幸宏

萬劇場スタッフ:森山智仁/今西理恵/菊池伸枝/三島かや
照明協力:テラシヤM
協力:0ぜろ(!II nut up fam)/折戸通り商栄会
プロデューサー:宮崎正輝(萬劇場)
制作総指揮:飯村弘一(萬劇場)
企画・製作:萬劇場

細を穿つ

いよいよ本番が間近となってまいりました。
公演を盛り上げるべく各団体が更によくするために調整に入っている事でしょう。
我々刀扇組も今回は各シーンの見直しをしてより見易く、そして伝わりやすくなるよう一つ一つ確認しながらの稽古でした。
熱い稽古ではないですが、一歩一歩大事に進めるこの作業。私は好きです。
気持ちも大切だけど、気持ちだけでは伝えられないからね。
残り稽古も数回!大事にいこう!
あ、チャパラスカでした。

海ノ日に

KIMG0079.JPG
団体別場当たりといいますか、萬にて本番用の舞台で動きます。

やぁ、ビットだよ。
おぞましく汗をかく体質だから、三回くらい立ち回りを確認したらビットビト、もといびっしょびしょだね!

タイトな場当たりってはじめてかも。

時間を大事にしながら光と闇と動線を見極めるぜ!

今日は小野のメガネです。